落ち込んだ気持ちを元気にしてくれる思考法

おはようございます、ごりらです。

今日は前向きになれる考え方についてお話しします。


ごりらだって無性に落ち込むときがあります。

お金がなかったり、周りの声を受け止めすぎたり、1人で踏ん張らないといけないことがあったり。落ち込むときの理由は様々ですが、こういうときって視野がぎゅっとせまくなって自分の事しか考えられなくなるんですよね。


そういう時に必ず行うことがあります。
今、自分が持っているものを数えることです。


数えるものは、本当に何でもいいです。全くないと思っていても、意外と何か見つかるもんです。

例えば、天井。雨風をしのげる天井を持っています。
布団があります。寒い日も体を温めてくれる布団を持っています。
時間があります。色んな事にチャレンジできる時間を持っています。
体があります。今まで運よく生きてこられた生身の体を持っています。

周りが見えなくなるくらい落ちこんだときこそ、無理やりにでも自分が持っているものを見つけ出すんです。そうすると「自分って思っていたより幸せなんじゃないかな」と、客観的に自分を見れるようになれます。
沈んだ気持ちに浸ってただ時が過ぎるのを待つよりかは、早く気持ちを切り替えることができるのでおすすめですよ。


思い出すことがあったときに、ぜひ試してみてくださいね。
ではでは、ごりらでした。