ブログって1人で作る"雑誌"のようだと思う

image


1月の終わりからブログの更新頻度をあげようと日々奮闘しているごりらです。おはようございます。

最近、ブログって1つの"雑誌"みたいだな、と思うようになりました。

面白そうなネタを拾って、どう伝えようかと文章を推敲し、見出しをつけて公に発表し、反応をみてまた次のネタを考える。。。さながら自分が編集者のようです。


私自身、毎日色んな事を考えながら更新をしています。

スマホで見た時の見栄えのよさを考えて毎回画像を入れてみたり、
絵日記ブログが人気そうだなーと思ってイラストを描くようにしてみたり、
記事の内容が分かるタイトルになっているかなーなんて考えてみたり。

基本、雑談しか書いてないけどね!笑


そんな「ああしてみようかな」「こうしてみようかな」が積み重なって、ごりらのブログが1つの大きな読み物になっていく。その読み物をずっと見たいと思ってくれる人ができたら、ブログを枠を超えた1つのメディアになるんじゃないかな。


わくわくします。すっごくわくわくします。

小さいころからWEBサイトの記事を読むことが好きだった私が、逆の立場になって、人をわくわくさせることができるかもしれない。そう思ったらブログって色んな可能性を秘めている気がしたのです。


私にできることってなんだろう。ブログでやれることってなんだろう。
自分やブログの可能性を探していきたいと思います。


ではでは、ごりらでした。