就活中に出会った社長との忘れられない話

こんにちは、ごりらです。


3月!

大学生にとっては就職活動の時季ですね!


3月1日からリクナビ2017・マイナビ2017のプレエントリーが始まりました。
2016年卒あたりから就職活動時期が大学3年の3月と後ろ倒しになったようで、私の頃よりあわただしくなっているように感じます。

就活って、見方を変えるとまっさらな状態で企業のトップとお話しできる、すごい機会だと思っています。私も何十社も会社訪問していく中で色んなことを学ばせていただきました。




ごりらが就職活動をしていたのは、いわゆる就職氷河期の時期。
内定をもらおうと毎日熱心に動いていました。

なぜなら、私には行きたい業種があったからです。

就活1

このころの私が狙っていた業種は「広告」「経営系(?)」
商品の魅力を世の中に伝える仕事か、会社経営に関わるような仕事がしてみたいと思っていたのです。
(自分、夢デカすぎ!笑)

でも商学部でもない、ただの文系学生だったごりらにはこの業種はハードルが高くって。
エントリーシートで落ちることが多く、なかなか面接までたどり着くことはありませんでした。


そんな中、面接までこぎつけた企業が1社出てきました。
大手広告会社出身の方が社長を務めていらっしゃるコンサルティング会社で、仕事もまさに私が思い描いていたような内容。社長や社員もとても気さくで話しやすい。


就活2

↑社長はまだ40代くらい。若い!


1次面接、2次面接と進むたびに「ここに入ろう!」という気持ちが高まりました。


そうして迎えた最終面接。
社長だけではなく、会社役員の方3名も入られ、4対1で行われました。

(1次・2次と和やかに進んだし、あとは意思確認だけなはず!)
(私はここに入りたい!本気でそう思えるから大丈夫!!)

そんな気持ちで受けた最終面接は、想像と違い、とても手厳しいものでした。


就活3

幹部の方の質問はすべて「うちの会社はこんなに厳しいけど、本当にやってく覚悟があるの?」というものばかり。

(大学時代何もやってこなかったわけじゃないし、色んな経営者の方ともお会いしたことあるから大変さも分かってる!だから大丈夫!)

そうやって自分で自分を励ましながら答えても、また同じような質問がくる。

受け答えをしていくうちに、「私って考えが甘いのかな・・・」と思ってきて、笑顔をつくることができなくなってしまいました。そして・・・


ごりら「私が本当にやりたいことは・・・」


自分でもバカ正直だと思うのですが、私、最終面接の場で「こんなことしたいんです!けど挫折したのでやりたいことに近いことがやれる御社で働きたいと思いました!」という胸の内を言ってしまったんです。

挫折したから(妥協して)就職を決めた・・・といっているような失礼な発言ですよ。
だけど、社長は怒らず話を聞いてくださり、ご自身の20代の頃の話をして私を励ましてくれました。

就活4



会社員時代の自分もがむしゃらだった。
会社経費でパソコンが支給されてたのに「自己投資だ!」と言ってMacを買って周りから不思議がられた。
色んな事に投資とか言ってたら借金ばかりがふくらんで追いつめられたときもあった。
でも今こうして自分の好きなことを仕事にできて、借金も完済できた。
あきらめなければ「失敗した」ことにはならない。やりたいことがあるなら続けなさい。


あの面接から何年もたっているのに、社長が話してくださったことを未だに覚えています。


結局、私は最終面接で落ちてしまいました。
しばらく落ち込みましたが、後悔や未練などは不思議とありませんでした。

その後別のところに就職して、転職して・・・といろいろありましたが、何か決断するときは「やりたいこと」に近づいているかどうかで判断するようにしています。




ごりらは就職活動を始めてから内定をもらうまで1年以上かかりました。
精神的にも金銭的にもほんっっとーにつらかった!
けど、こういういい人との出会いや学びもあったから、長引いて逆によかったとも思っています。

新卒の方は特に初めてのことだから大変なこともたくさんあると思うけど、笑顔で社会人のスタートをきれるようにがんばってくださいね。


ではでは、ごりらでした。
 

Twitterやっています
ブログ更新の案内やブログには書いていないつぶやきなどを載せています。
よかったらフォローお願いします。

https://twitter.com/gorillamorino


ブログランキング参加しています
1ポチお願いします!


人気ブログランキングへ