仕事が大好きな私の「仕事観」を語らせてください

こんばんは、ごりらです。


コラム


夢は口に出したら現実になるって話をよく聞きます。
今日はちょっとしたエッセイのつもりで、ごりらの仕事観について語らせてください。


私には仕事を通して叶えたい、理想の生き方があります。
それは「自分の好きなことや得意なことで、人に喜んでもらって、お金をもらう」というものです。


私にとって仕事とは、世の中を変えられる唯一の行動だと思っています。
行動して自分だけが楽しいものは、消費であり、趣味です。
自分が行動して、ほかの誰かに影響を与えるものは、その行動はどんなものでも「仕事」と思っていいと考えています。

あと、私は小さいころから全力を出して世の中を楽しんでいる大人にあこがれていました。
仕事も遊びも全力でがんばって、全身を使って楽しんでいる人たち。
特に学生のころは、仕事に情熱を注いでいる方たちが本当に輝いて見えて、そうした人たちが集まって言葉少ないけど思いが通じ合っているような会話のやりとりを横で聞きながら「私もその輪の中に入りたい」と強く感じたものでした。


だから私も、自分が好きなことや得意なことを突き詰めていって、私の行動で誰かの役に立てることができたら、私の生きる意味があるんじゃないかなって思ったのです。


だから、「仕事」が好きなんです。

趣味もいっぱいあるけど、人に喜んでもらってお金を稼げないうちはただの自己満足の行動であって、私はそこにうれしさとか楽しさとかをあまり感じられないのです。

私がうれしいと感じるのは、私の行動で人に喜んでもらうこと。
そしてその影響の輪が広ければ広いほど、やりがいとか喜びとか感じるんです。

それでいて、喜んでもらう材料は私が心から好きだと思えるものがいい。
だって、好きじゃないとその分野を一生かけて極めたいと思えないですもん。


今の私は、その理想から近いようで遠いような状態です。
今の仕事も難しいことをやっていると思っているし、一緒に働いている人たちもプライドを持って一生懸命仕事をしています。
だからそんなことを考えるのは失礼だと分かっているけど、でも、やっぱり遠いと感じてしまいます。


今の私は「自分の好きなことや得意なことではないけど、人にまぁまぁ喜んでもらえている(のかな?)」って状態。
人のために何かをするのは好きだけど、自分の「好き」も大事にしたいんです。


私の好きなことは、絵を描いたり、文章を書いたり、話をしたり・・・
自分の想いを伝えることが好きなんです。

そんなすぐすぐやりたいことを叶えられるわけないと思っています。
小さいステップがあって、それを少しづつこなさないといけないんだと思います。

今の私にできることは、こうして仕事が終わってからブログを書いたり絵を描いたりすることくらいです。今この状態からがんばって、第三者が見ても力あるって思えるくらいの実績をつくることが第一だと思って動いています。


文章もイラストもどヘタクソだし、ぶっちゃけ私以外の方からも散々ヘタクソって言われてます。


だけど、私は伝えることが好きなんです。

文章でも絵でも写真でもダンスでも、媒体はなんでもいいんです。
「伝える」という分野で人に喜んでもらって、お金をもらえるくらいになりたいんです。


私は、想いはあってもそこからどう行動すればいいのかを考えられないから、何をしたら正解なのかは本当に分かんないです。がむしゃらにしか行動できないです。けど、動いていれば何かなると思うから、とりあえずブログは書きつづけます!


今は、周りからさんざんヘタクソ言われる「好きなこと」を「好きだし得意なこと」に変えられるように努力します。
そしていつか、「自分の好きなことや得意なことで、人に喜んでもらって、お金をもらえる」ような仕事ができるように、今ここからがんばっていきます。


ではでは、ごりらでした。