【2016年ダイエット】健康に良いといわれる「まごわやさしい」食事を1週間続けてみました。

こんにちは、ごりらです。

「まごわやさしい」って言葉、聞いたことありますか?

食生活を見直そう!と思い情報収集していたときに出てきた言葉です。
なにやら体に良い日本の和の食材の頭文字をとったとのこと。

伝統的な日本型食生活はカラダに必要な栄養素をたっぷりと含んだ理想的なかたちです。「まごわやさしい」とはこのように健康な食生活に役立つ和の食材の最初の文字を覚えやすく言いあらわしたものです。

出典元:http://column.asken.jp/glossary/glossary-191/


毎日の食事に「まごわやさしい」食材を取り入れていくと、健康的に体がスッキリしていくそうです。



■「まごわやさしい」の食材とは?


頭文字の食材を説明していきますね。
0410_2


ま・・・まめ(大豆・小豆などの豆類)

ご・・・ごま(ゴマ・ピーナッツなどの種実類)

わ・・・わかめ(わかめ・ひじき・のりなどの海藻類)

や・・・やさい(緑黄色野菜・淡色野菜)

さ・・・さかな(あじ・イワシなどの魚類)

し・・・しいたけ(しいたけ・しめじなどのきのこ類)

い・・・いも(さつまいも・さといも・こんにゃくなどのイモ類)



食べ物の総カロリー(Calorie)に対して、ビタミンやミネラルといった栄養素(Nutrition)がどのくらい含まれるかを表した値を「N/Cレート」と呼びますが、「まごわやさしい」の食材はどれもN/Cレートの値が高いものばかり。
低カロリーで栄養価の高いものを食べるなら「まごわやさしい」食材を積極的にとるのがよいそうです。



■「まごわやさしい」食生活を続けてみた結果

ということで、パフェを食べた次の日から「まごわやさしい」を意識した食事を取ってみました。


image



できるだけ野菜を取るようにしてみたり。



image



炊き込みご飯にして、米の量を減らしても満足できるようにしてみたり。
(かつ、にんじんやしめじなどを入れて「まごわやさしい」意識してみました。)


続けてみて1週間。
体重はさほど変わりないのですが、ひとつ、変わってきたなーと思うことが出てきました。


0410_1



いつもボサボサしていた髪が、寝起きで何もしていない状態でもきれいにまとまるようになったのです。
あと心なしか髪にツヤが出てきました。

ひじきの煮物を毎食食べてたからかな・・・?
くせ毛で毎朝困っていた私にとってはうれしい変化でした。

肉ばかり食べてハゲたのといい、私の頭皮は食べ物に影響受けやすいのかな?笑


「まごわやさしい」食生活は私にはあっているような気がします。
これからも続けてみて、夏までに健康的に痩せられるようにがんばります。

ではでは、ごりらでした。


Twitterやっています
ブログ更新の案内やブログには書いていないつぶやきなどを載せています。
よかったらフォローお願いします。

https://twitter.com/gorillamorino


ブログランキング参加しています
1ポチお願いします!


人気ブログランキングへ