身体能力の高い妹が初めて硬式テニスに挑戦したら

こんばんは、ごりらです。
 
妹はやっぱり妹でした。


それは1カ月ほど前の話でした。
妹(ジョバ)から「硬式テニスを始めた」と話が出ました。

ジョバ:「なんかね、引きこもってばっかりだったら新しいことをはじめたくて」

まだ20代なのに会社と家との往復ばかり。そのうえ仕事もうまくいかない事が続いていたので、今の状況を何とかしたい! と思い立ったのでしょう。
社会人サークルの硬式テニスサークルに入って、休みの日に練習するようにしたそうです。


ごりら:「ジョバの会社、急な休日出勤や休みの日の社内イベントとかたくさんあるじゃない。体大丈夫なの?」
ジョバ:「うーん、多分大丈夫。昔、軟式だけどテニスやってたしさ。久々に体動かしたくなったんだ」


それからほどなくして、妹からまたこんな話を聞きました。
 
ジョバ:「やばい、大会出ることになった


サークル仲間から、一緒にダブルスの試合に出てくれないか頼まれたのだそう。

ごりら:「おお、すごいじゃん! がんばれ!」
ジョバ:「いやいやいや! 無理だよ! だって硬式と軟式全然違うよ!? 足引っ張りそうだよ!」

0614_1
↑妹曰く、硬式のほうが難しいらしい。


電話越しからでも妹が不安そうにしているのが伝わってきました。
でもね、こんな電話のやり取りをしながら、私は少しだけうれしくなっていたんです。

20代の、何もしなくても男性がホイホイ寄ってくる花の時期に仕事のことで毎日頭を悩ませている妹が、仕事以外の場所で活躍しようとしている。

そうそう、それだよ。今のうちに色んな所に顔を出して色んな人と知り合いになるの。
もしかしたらそこで一生の友達を見つけられるかもしれないしね。職場のストレスも発散できると思うし。
大会で賞とか取らなくていい、出ることに意味があるんだから。
でも、2回戦進出くらいになってもらえたらいいかな。
その時は「おめでとう」って一緒に喜んであげよう。






・・・・・・なんて、姉目線でそんなことを考えていたのですが。



 
なんとジョバ、硬式テニスを始めて約1カ月。



初出場にして準優勝しました。



ジョバ:「驚いた」
ごりら:「こっちが驚いたわ! え、練習どれくらいしたの?」
ジョバ:「4回」
ごりら:「ん、週4回ってこと? 平日も練習してたの。がんばったねー」
ジョバ:「いや、月4回」
ごりら:「ええええええええ!?」


もうね、私、妹の身体能力の高さが信じられない。
過去に軟式テニスやってたといっても中学校の部活でやってた程度のレベルで、卒業してからは全く運動という運動をしていなかったのに。ちょっと始めたらすぐ準優勝できるものなの?

ジョバ:「なんか私ボレーが得意みたいで、ネットの前で相手のボール叩き落とし続けていたら向こうからミスしてくれてねー」
ごりら:「お、おう」

ジョバ身長あるからなぁ・・・・・・。この高身長で前に立っていられたら相手も返し辛いだろうな。それに打ち返すときの角度もすごそうだし。
 

0614_2


ジョバ:「なんか応援してくれたサークル仲間から『壁や! お前はベルリンの壁か!』って言われちゃった!」

ああ、やっぱり見ている人もそう感じたか・・・・・・・。



やっぱり私の妹は強いです。物理的にもメンタル的にも。
何かしたらことごとく奇跡起こすのホントすごいわ。
 
これからもそんな妹を暖かく見守ってあげようと思いました。

ではでは、ごりらでした。


Twitterやっています
ブログ更新の案内やブログには書いていないつぶやきなどを載せています。
よかったらフォローお願いします。

https://twitter.com/gorillamorino


ブログランキング参加しています


人気ブログランキングへ